忍者ブログ
2度のリストラで北九州市に都落ちしたスキー馬鹿がパパになりました。 その育児日記です。
[456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446
【国内】無償化除外言えないかも 首相、朝鮮学校生徒と面会へ

無償化除外言えないかも 首相、朝鮮学校生徒と面会へ

 鳩山政権が新年度からの実施をめざす高校無償化で、鳩山由紀夫首相が示唆した朝鮮学校除外の方針が揺れ始めている。
 首相が朝鮮学校の生徒と面会する意向を示したため、文部科学省内には方針転換があり得るとの見方が出始めた。
 与党内では除外に反対する動きも出ている。
 川端達夫文部科学相は5日の衆院文部科学委員会で、「(朝鮮学校を)排除するという立場で検討しているのではない」と答弁した。無償化から除外するかどうかと詰められても明言を避けた。
 その背景には、首相発言の揺れがある。
 先月25日、首相は記者団に除外を示唆。文科省はその方向で最終調整に入った。首相は翌日も同趣旨で発言。
「方向性を変えればブレたと批判される。方向性は変わらないのではないか」(幹部)との見方が広がっていた。
 しかし、首相の2日の衆院予算委員会での発言が、省内に波紋を広げた。
 「子どもたちにお会いすることは、私としても大いに結構だと思っている」。
 除外に反対する社民党の阿部知子氏の質問に、朝鮮学校の生徒と会うことを明言したのだ。
 首相は5日も「阿部議員から言われているので、検討している」と語った。
 首相の「面会」発言後、幹部の一人は
「面会後に風向きが変わる可能性がある。生徒と会えば『除外します。あきらめて下さい』とは言えないのではないか」
と語った。
 面会は実現するのか――。与党が来週にも法案の委員会採決を目指すなか、省内はじっと行方を見守る。
 首相発言の揺れをめぐり、与党内にも動きが出てきた。
 社民、国民新両党は5日の定期協議で、朝鮮学校を対象に含めることに賛成で一致。国民新党の自見庄三郎幹事長は
「在日外国人の地方参政権には反対だが、(無償化は)子どもの話だから社民党に歩み寄った」と語った。
 民主党内ではこの問題で最近、議員懇談会があったが「意見がまっぷたつに割れた」(中堅)。
 川端氏の「国会の審議もふまえ判断する」とのあいまい答弁を黙認し、法案の年度内成立を優先する。
 一方、野党は割れている。
 5日の審議では、公明、共産両党は子どもの人権を尊重する立場から賛成を表明。
 自民党は「反日教育や国交の有無がポイントだ」と反対の姿勢を示した。
 みんなの党は「政府の基準が不明確で議論は困難」(幹部)としている。


 日本の高校生が総理大臣に面会できるでしょうか?
 例えば、ある高校生が、大学へ行くための奨学金制度を充実してほしいと直接お願いできますか?
 朝鮮人だけが特別扱い。
 所詮、ハトポッポの救いたい命は、日本人以外の命。
 経済的な問題で大学に行くことができない高校生がいっぱいいるというのに外国人留学生に対しては返還不要の奨学金(これは自民党がやったんだけど)。これを是正しようともしない。
 日本のため、日本人のための政治をやれよ売国内閣!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
enokkey
性別:
非公開
趣味:
スキー、子育て
自己紹介:
なんかパパになってしまった。

子育てに奮闘中。

でも、スキーは諦めないぞ!
最新コメント
[04/09 I-Rom]
[05/07 I-Rom]
[12/04 I-Rom]
[11/06 I-Rom]
[11/01 I-Rom]
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ポイント広告
アクセス解析
忍者ブログ [PR]