忍者ブログ
2度のリストラで北九州市に都落ちしたスキー馬鹿がパパになりました。 その育児日記です。
朝、Y君を保育園に送って行くと

一番停めにくい場所しか駐車場が空いていなかった。

バックで駐車場に向けて体制を整え、一度前に出てから、切り返しをしないといけないんだけれど、

一度前に出ようとすると右側から自転車が突っ込んできた。

慌てて止まったんだけど、こちらはハザードを点けて駐車場に入れようとしているのに

一時停止は嫌だ!と突っ込んでくるのが北九州人のDNAだよね。

おまけにガンつけてきたし・・・

確かに確認不足だったとは思うけど、

自分だったら車が駐車場に入るまで待っているけどね。

事故に巻き込まれたら自分の嫌だし、相手も嫌だろう。

交差点でも人が渡っていても早くどけ!と言わんばかりに車を止めないのが北九州人のDNA。

気をつけないと



PR
先日の出来事

仕事で国道を走っていた。そこはみんなが結構飛ばすバイパスである。

しばらく走り、信号で止まると、前は軽のルートバンだった。

信号が青になった。しかし、出発しない・・・数秒後にようやくスタート。

スタートしてもノロノロ運転。バックミラーを見えれば渋滞を引き起こしている。

また馬鹿の運転か、と思い、抜くことにした。

が、ここで、前の車を何の考えもなしに抜いたら、北九州では車を運転できない。

こちらに来てから、まだまもない頃の出来事。

夜中の1時過ぎに街灯もない片道一車線の県道を走っていた。

信号はほとんどなく、前にも後ろにも車はいなかった。

しばらくすると、前方に車が見えた、と思うとすぐに追いついた。

前の車に合わせて走っていると速度は、38km/h程度。

ほぼ直線の見通しのいい道。対向車はない。後ろにも車はない。

じゃあ、と思い。アクセルを踏んで反対車線から追い越した。

すると、その車、パッシングして、スピードアップ!追いかけてきた。

あのノロノロは、何?

こちらがスピードをあげても、しつこく車間を詰めてくる。

なんなんだろうと思いつつ、そのまましばらくスピードを落とさずに走っていると、車間距離が開いて、その車は左折した。パッシングをしながら・・・

しみったれ北九州人は、抜かれることに耐えられない。「抜かれる」イコール「損」なのだ。

という経験があるので、その車をしばらく観察した。

遅れ方から推測するに、携帯で電話、もしくはメールをしていると思われた。

そこで右車線から追い越しにかかった。

注意深く左側のその車を見ると、ハンドルの上にはマンガが。

運転手はマンガを読んでいた。

追い越して、その車の前に出た。次の信号で止まり、バックミラーを見ると、その運転手は下を向いたままマンガを読んでいた。

そりゃ~ノロノロ運転だよな。でもありがたい。抜かれることよりマンガに関心があったのだから。

北九州市内の運転は大変なわけで。

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
enokkey
性別:
非公開
趣味:
スキー、子育て
自己紹介:
なんかパパになってしまった。

子育てに奮闘中。

でも、スキーは諦めないぞ!
最新コメント
[04/09 I-Rom]
[05/07 I-Rom]
[12/04 I-Rom]
[11/06 I-Rom]
[11/01 I-Rom]
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ポイント広告
アクセス解析
忍者ブログ [PR]