忍者ブログ
2度のリストラで北九州市に都落ちしたスキー馬鹿がパパになりました。 その育児日記です。
[969]  [967]  [968]  [966]  [965]  [964]  [963]  [962]  [961]  [960]  [959
手術は8時30分から。7時には病院に到着し、部屋に入りベッドに横にさせる。

着替えて、検温。この時点で既に泣き・・・

8時20分。奥さんが抱っこして手術室へ向かう。

奥さんが手術室へ入ると、しばらくしてY君の泣き声が聞こえた。

大丈夫だと自分に言い聞かせる。

奥さんは、Y君が麻酔で眠るのを見届けてから、手術室から出てきた。

まさか自分が身内、しかも最愛の息子の手術が終わるのを待つとは思わなかった。

しばらくして、先生が来て手術の説明。

先生は余裕の表情。当たり前か。なにせ昔の医者ドラマであったような、「メス」、「汗」なんて嘘。手術で汗かくようなやつは無能なだけ。

それからさらに20分ほどして、先生が出てきて、手術は無事終了したとのこと。

特に問題はないそうなのでほっとしたが、麻酔からちゃんと目覚めるのかという問題がある。

さらに10分。麻酔からの回復も問題なし。病室へもどる。

やれやれ、と思ってもまだ終わらない。

術後3時間は内蔵の動きが十分に回復していないため。しばらくはベットの上で休む。

といっても点滴、酸素マスク、そのセンサーが右手につけられているのが気になるのか、当然のように泣いて暴れる。

点滴が終わるまで3時間。寝たらすぐだな、なんて思っていたら、

声が安田美沙子似の看護師さんが、検温、血圧、聴診器をしに来るためY君は全然眠くないみたいで、奥さんと交代で3時間ずっと抱っこし続けた。

3時間が過ぎ、確認するとY、君のお腹はちゃんと目覚めていた。問題なし!

麦茶をあげて、プリンをあげて、どちらも戻さなかったので、もう安心。

先生が今後について説明。来週初めにも手術後の確認をするとのことだが、仕事を休んでまで来るようなものではないとのこと。

次の手術の時期は、今回の結果次第である。

朝から泣き通しのY君。やはり疲れたのだろう。おっぱいを飲むと爆睡。奥さんも爆睡。

僕は本を読んで時間を潰し、夕方家に帰った。

術後は大丈夫なのだろうか



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
enokkey
性別:
非公開
趣味:
スキー、子育て
自己紹介:
なんかパパになってしまった。

子育てに奮闘中。

でも、スキーは諦めないぞ!
最新コメント
[04/09 I-Rom]
[05/07 I-Rom]
[12/04 I-Rom]
[11/06 I-Rom]
[11/01 I-Rom]
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ポイント広告
アクセス解析
忍者ブログ [PR]