忍者ブログ
2度のリストラで北九州市に都落ちしたスキー馬鹿がパパになりました。 その育児日記です。
[644]  [642]  [641]  [640]  [639]  [638]  [637]  [636]  [634]  [635]  [633
通常国会「野党は反対なら対案を」

--今日、通常国会が始まった。この国会をどのような国会と位置付けて、どのような決意で臨むか
 「ええ。今度の国会は、本物の熟議の国会にしたいなと。こう思ってます」

--年度内に予算などを成立させる考えは変わりないか
 「もちろん、予算は年度内に何としても成立させたいと。こう思ってます」

--今日、首相は施政方針演説の中で、野党側に審議への協力を呼びかけたが、野党は対決姿勢を
 鮮明にしている。今後、野党とどのように対峙(たいじ)していく考えか
 「まあ、国会というところは、いろいろ議論を交わすところですから。野党の方からも、例えば
 『これは反対だ』というときには、『いや、それに代わってはこうすべきだ』と。そういう対案を出して、
 そういう議論にしていきたいなと。そうしてもらいたいなと。こういう風に期待してます」

--今日、民主党の両院議員総会で、「小沢一郎元代表が強制起訴された際の処分を検討する
 必要はない」との意見や、与謝野馨経済財政担当相の起用に対する疑問の声が出た。党内から
 首相や執行部の方針に疑問の声が出たことを、どう受け止めるか
 「まあ、いろんな議論が出るのはごく自然なことですから。その上で、決まったことはみんなで
 その方針でやっていくと。それでいいんじゃないでしょうか」

--税と社会保障の一体改革で、関係閣僚と各界の有識者を加えた集中検討会議の初会合が
 来月にも開催される。この検討会議の有識者にはどのようなメンバーを選ぶ考えか。また、検討会議は
 一体改革の検討の中で、どのような役割を果たす会議になるのか
 「いろんなですね、意見をお聞きするわけですが、同時に、そこでの議論を通して、国民の皆さんに
 どういう議論が行われているかを伝えて、国民の皆さん自身が議論に、いわば参加をしていただいてると。
 そんな形の議論にできればなと。また、それにふさわしい人を選びたいと。主に、与謝野担当大臣が今、
 人選を進めてもらってます」(抜粋)


党首討論を逃げ回り、前の国会もボロを出したくないからとっとと終了した4列目の男が何を言っているのでしょう。

対案?補正予算を組むことができず、自民党の予算案をパクろうとした無能政党の党首が何を言っているのでしょう。

岡田氏と全く同じ。このようなことを恥ずかしげもなく言えるあつかましさが羨ましいですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
enokkey
性別:
非公開
趣味:
スキー、子育て
自己紹介:
なんかパパになってしまった。

子育てに奮闘中。

でも、スキーは諦めないぞ!
最新コメント
[04/09 I-Rom]
[05/07 I-Rom]
[12/04 I-Rom]
[11/06 I-Rom]
[11/01 I-Rom]
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ポイント広告
アクセス解析
忍者ブログ [PR]