忍者ブログ
2度のリストラで北九州市に都落ちしたスキー馬鹿がパパになりました。 その育児日記です。
[524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514

 線香を絶やさないよう、最近では渦巻き状のお線香がある。蚊取り線香みないなやつ。これを使えば12時間は大丈夫らしいけど、なんとなく普通の線香を絶やさないようにしていた。

 遺体の前に祭壇がある。その横で奥さんは寝ている。義母は隣で寝ている。ここ1週間二人とも介護で疲れたんだと思う。
 介護って受ける方も大変だけど、する方はもっと大変だと思う。自分の親でもない人の世話をする介護師さんたちには頭が下がる。

 夢を見た。義父が突然ガバッと起き上がってびっくりする夢。また新しい線香を灯す。

 フスマがカタカタっとなった。まだ義父の霊魂がうろうろしているんだろう。

 朝早くからまた葬儀屋さんと打ち合わせ。昨晩は通夜の分だけ。

 ほんと葬儀も金次第。祭壇、棺桶、骨壷、みんな金次第なんだよね。料理や香典返し等の種類や数を決めて、打ち合わせ終了。

 義母の姉がやってきて、喪主は着物を着なければと言う。義母は着る気はなかったようだが、姉の言うことには逆らえず、着ることに。しかし、着るといってもなんか準備することがいろいろあるらしく、姉に怒られながら、準備をしていた。

 義母の姉によると妊婦は、火葬場には行ってはいけないそう。火を見るとダメだそうで、火事なんかも見ては行けないとのこと。

 少し寝ようと思ったけど、そんな時間もなく、一旦家に帰って喪服に着替えて、また実家に戻る。

 実家に戻ると葬儀屋さんが棺桶に入れる準備を始めていた。服を着せたり、メイクをしたり。映画のおくりびとってこんな感じ?と不謹慎にも思ってしまった。

 義父を棺桶に入れる。義父の肩は、ほんとうに細かった。

 通夜の前に親族はこうしてくださいとの指導。

 通夜が始まり、滞りなく終了。

 料理が運ばれて来たんだが、どう見ても少なく感じた。案の定全然足りず、奥さんから買いに行ってもらえないかと言われる。
 うん、行ってくるよ。何を買ってくると尋ねると、何でそんなに言い方が冷たいのか!と怒り出す。精神状態が安定していないのは分かるが、ちょっと凹む。

 料理は、持ってきた人によると4~5人前だという。打ち合わせのときは、10人なら十分と言われていたので、話が違うと奥さんがまた激怒。
 しばらくすると打ち合わせをした担当者がすっ飛んできて、平謝り。まあ、そりゃそうだろうな。素人の僕が見ても足りない量だったし。

 親族も一人、また一人帰って、今晩も線香のお守りをすることに。奥さんと義母は家に返した。

 僕は着替を取ってまた葬儀場へ戻った。

 義父の弟夫妻と親戚の旦那さんと線香を見守る。

 しばらくすると義父の弟夫妻は脱落。布団をしいて寝てしまった。奥さんの方はたまに起きてきたが、旦那は酒が入っているので爆睡。

 親戚の旦那さんとしばらく話をしていたが、何時の間にやら黙って線香のお守り。

 僕は本を読みながら、途中で明日の葬儀での挨拶文を覚えようとしていた。その甲斐あって覚えられたと思ったのだが・・・

 3時くらいまでは眠気もなかったが、4時を過ぎるとかなり眠い。いちいち歩きまわって眠気を取る。

 一晩中冷房の入った部屋にいたせいか体の調子がいまいち。親戚の旦那さんは、一旦着替の為に家に戻った。

 お風呂があったので、朝方にゆっくり浸かる。なんか寝てしまいそうだ。

 葬儀が始まった。葬儀も終盤にさしかかり、僕が挨拶する番だ。挨拶文はちゃんと覚えたし、問題なしと思ってマイクの前に立って、挨拶を始めると、葬儀場の人が、マイクはOKの意味なのか腕で輪を作ったのが見えた。それを見た瞬間、覚えた挨拶文が吹っ飛んでしまった。
 やべ~と思ったが、全然思い出せない。黙っている訳にはいかないので、必死で思い出しながら、ゆっくりと挨拶をしたが、所々間違えてしまった。
 なんとか挨拶を終えたものの覚えていたものの半分くらいを省いてしまった。極度の緊張状態にあるとなんでもないことで記憶が飛んでしまうらしい。いい経験といえばそれまでだが、義父に申し訳なかった。

 最後に棺桶の中にお花をみんなで入れた。奥さんも義母も泣いていた。これが本当のお別れだ。

 葬儀が終わり、火葬場へ。霊柩車の中でちょっと寝てしまった。

 火葬場には、すでに3人の遺体が燃やされている最中だった。隣の女性の写真はまた40歳代くらいだった。

 義母が点火のボタンを押した。火葬には1時間程度かかると言う。お昼を食べていないせいか、胃が痛い。

 火葬が終わり、骨になった義父がいた。火葬場の人は、ここが○○骨、ここは××の部分、などと丁寧に説明してくれた。

 みんなで順番に骨を骨壷に入れた。焼かれた骨は軽かった。

 葬儀場へ戻り、親戚縁者で食事。今度は多めに頼んだので問題はなかった。僕の親族はお盆期間中のため飛行機が取れなくて、来れなかった。
 奥さんの親戚は結婚式の時にあったことはあるけど、誰が誰やらほとんどわからない。奥さんもわからない人がいっぱいいると言っていた。

 実家に戻り、祭壇を設置してもらい、とりあえず葬儀は終了。いろいろな整理を終えて、家の帰る。

 風呂から上がり、奥さんが見ていたテレビを見ると財界が出資した中高一貫教育の学校が紹介されていた。自分の子供はこんなところに入れたいねと言うと、奥さんは、ここにいる子たちは確かに頭はいいし、回りもそういう子だちだけど、社会に出ると回りはこういう人たちじゃないから、その落差にガックリするんじゃないかなと言っていた。
 まあ、その学校に行けるくらい勉強ができるといいんだけどね。

 ここ2日ほとんど寝ていないので、ベッドに入るとすぐに記憶がなくなった。明日の朝はゆっくり寝よう、そう思っていた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
enokkey
性別:
非公開
趣味:
スキー、子育て
自己紹介:
なんかパパになってしまった。

子育てに奮闘中。

でも、スキーは諦めないぞ!
最新コメント
[04/09 I-Rom]
[05/07 I-Rom]
[12/04 I-Rom]
[11/06 I-Rom]
[11/01 I-Rom]
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ポイント広告
アクセス解析
忍者ブログ [PR]