忍者ブログ
2度のリストラで北九州市に都落ちしたスキー馬鹿がパパになりました。 その育児日記です。
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146
 小林多喜二の蟹工船といえば、今の若いやつのように、学校で習ったことをすべて覚えていない僕でも習ったことを記憶しているプロレタリア文学の代表作なわけですが、当然読んだことなどなく今の年齢なのですが、なんか流行っている?らしいので読んでみた

 読んでみると、ひたすら蟹工船で働く労働者の悲惨な状況を描いている作品で、その悲惨な状況がワーキングプアと呼ばれる人たちに共感されているというのだが、蟹工船の労働者達のほうが、彼らよりももっと悲惨だと思う

 今は這い上がれる手段がないわけではない(勿論、困難だが)。当時の生きていく手段はこれしかなかったわけで、今の絶望、将来の絶望、絶望しかない生活の中で、一筋の光も潰されて、

 そんな社会から脱出するように日本(人)はがんばっていたんだな、そのがんばりのおかげで今の日本があるんだなって思うわけです

 この本、漫画もあるそうで、その絵のひとつを見たんだけど、あの絵じゃこの悲惨な状況は伝わらないよ。綺麗過ぎる

 なんでも、古い作品で、読むのが難しく、最初の10ページで読むのを諦めてしまうやつが多いらしいのだが、この程度の作品も読みきれないなんて、ゆとり教育の犠牲者達はほんと悲惨ですわ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
しかし
ワーキングプアとかって、若いうちに頑張らなかったツケが単に回ってきたんだろうって思う。
それなりに勉強しとけばそれなりの仕事には就けたはず。
だって、世の中「なんでこんなにバカなのにこんな会社に入れたの?」(コネとかじゃなく)って人がわんさかいますからね。
I-Rom 2008/06/21(Sat)23:27:11 編集
それって
>「なんでこんなにバカなのにこんな会社に入れたの?」(コネとかじゃなく)って人がわんさかいますからね。
→今の直属の上司です
【2008/06/22 22:27】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
enokkey
性別:
非公開
趣味:
スキー、子育て
自己紹介:
なんかパパになってしまった。

子育てに奮闘中。

でも、スキーは諦めないぞ!
最新コメント
[04/09 I-Rom]
[05/07 I-Rom]
[12/04 I-Rom]
[11/06 I-Rom]
[11/01 I-Rom]
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ポイント広告
アクセス解析
忍者ブログ [PR]