忍者ブログ
2度のリストラで北九州市に都落ちしたスキー馬鹿がパパになりました。 その育児日記です。
[680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670
菅直人、ダボス会議出席時、カイロに足止めされていた約500人の邦人を見捨て 救出のための補助用の政府専用機派遣を拒否@週刊朝日3/4号

1 :Ψ:2011/02/23(水) 19:27:03.46 ID:vCNL3SIQO
 
2011-02-23
菅直人、ダボス会議出席時、カイロに足止めされていた約500人の邦人を見捨て、
救出のための補助用の政府専用機派遣を拒否@週刊朝日3/4号
 
昨日発売の週刊朝日3/4号に、こんな見出しが。 真実の口 エジプト騒乱で菅首相がキレた「邦人救出よりも自分の外遊」 どういう中身かをtwitter上で、平野浩さんが明かしてくれているので、一連のtweetを転載する。
 
http://twitter.com/#!/h_hirano/status/40177415451840512
菅首相がダボス会議に行ったのは1月28日。実はそのときエジプトでは約500人の邦人が カイロ空港で足止めされていた。そこで外務省が政府専用機を邦人救出に使おうと提案したところ菅首相がキレた。 専用機はオレが使う。勝手にエジプトに行った奴をなぜ助けるのか、と。「週刊朝日」3/4より
 
http://twitter.com/#!/h_hirano/status/40179085019717632
困った外務省は前原外相と相談。外相は首相を説得したが、首相は聞き入れず、 28日夕に出発し、30日午後に帰国。ここで許せないのは「勝手に外国に行った奴を 政府専用機まで使ってなぜ救うのか」という発言。一国を代表する宰相の言葉とは信じられない。「週刊朝日」3/4より
 
http://twitter.com/#!/h_hirano/status/40180219956432896
外務省関係者の言。「国民を切り捨てるなんて首相として許しがたい。他国では救援機を送っている。 一体何のための飛行機で費用はどこから出ていると思っているのか」と。これが市民派宰相、 菅直人の正体である。「週刊朝日」3/4より
 
http://twitter.com/#!/h_hirano/status/40181419753873408
ついでにもうひとつ。政府専用機は2機あり、不測の事態に備えて1機は空のままついて行く。 これを使ってダボス会議の帰りにエジプトに立ち寄り邦人を救出できたはずである。 そうすれば話題になり、支持率も向上したと思われる。 しかし、菅首相の頭の中には邦人救出の4文字はなかったのである。
 
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2011/02/50034-ec98.html

当時ネットでは、政府専用機を飛ばせばいいのにという意見が結構ありました。

僕も、政府専用機をカイロに派遣して、自分は民間機で帰国、私が政府専用機を派遣するように指示を出しました、と言えば、好感度アップなのにと思いましたが、同時に、そもそもすっから菅にそんな発想があるはずがないし、そんな器がある人間ではないとも思っていました。

やはりその考えは間違っていなかったようです。

二言目には、国民のためと言いますが、売国民主党、クダ首相にとって国民とは日本人のことではありませんから、邦人救出の発想があるはずがありませんよね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
enokkey
性別:
非公開
趣味:
スキー、子育て
自己紹介:
なんかパパになってしまった。

子育てに奮闘中。

でも、スキーは諦めないぞ!
最新コメント
[04/09 I-Rom]
[05/07 I-Rom]
[12/04 I-Rom]
[11/06 I-Rom]
[11/01 I-Rom]
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ポイント広告
アクセス解析
忍者ブログ [PR]